美肌の作り方

街を歩いている肌がきれいだなと思う人に出会うことがあります。そんな方に共通するのは、色白であること、肌のきめが細かいこと、毛穴がないことなどが挙げられます。美肌という状態は一体どういった状態なのでしょうか。美肌とは読んで字のごとく、美しい肌のことです。

◎美肌の三大要素

色が白い

「色白は七難隠す」と昔から言われていますが、色白であるだけでも、お肌は奇麗に見えますし、美人にみえるうということがあります。テレビなどで多くの女優さんを見ていますが、みなさん色白でお奇麗な方が多いです。もちろん地黒でも美人な方もいますが、色が白い女性というのは、美容にも前向きで、気を使っている人も多く、美しい人が多いというイメージです。また、お肌に透明感があることが大切です。疲れやお手入れをさぼってお肌がくすんでいることや、大きなシミがたくさんある状態は、色白だった場合でも美白とは言えません。元々の肌の色があまり白くなかった場合でも、くすみのない健康なお肌であれば、それだけ透明感があって美しい肌として認められるでしょう。

お肌のきめが細かい

肌がきれいに見える特徴としては、肌のきめが細かくて毛穴などがほとんど目立たない状態をいいます。お肌のきめが整っていることで、毛穴レスな奇麗なお肌を保つことができます。肌のきめが細かく整っていると、お肌がふわふわとムチムチしたお肌になっており、奇麗な素肌に見えます。毛穴の黒ずみなどに悩んでいる場合には毛穴レスな素肌は羨ましいです。

油浮きがほとんどない

奇麗な素肌の人には顔の脂質のバランスが取れている方が多く、油などがほとんど浮いておらず、Tゾーンもてかてかするようなことがないことがあります。食べ物なども関係あると思いますが、日々、脂質をコントロールすることで、油浮きのない奇麗な素肌を目指すことが可能です。

◎美肌を作る栄養素

美肌の定義は、すべすべで乾燥もしておらずオイリーでもない肌を言います。すべすべな肌が乱れてしまうのには、肌にある水分や油分が不足してカサカサになる(乾燥肌)と肌から出る脂質が多すぎてオイリーになる(脂性肌)の場合があります。オイリー肌を抑えるためには、食品からとれる栄養素だとビタミンB2,B6やノビレチンなどがあります。これらの栄養素は皮脂の分泌を調整、抑制してくれるので、オイリー肌の人に対しては、効果を期待できます。ですので、これらの成分を含むサプリメントなどを摂取するといいでしょう。ビタミンB2は、豚レバーや牛レバーなどの動物の肝臓や心臓に多く含まれていますので、それらの食材を取ることで栄養素を摂取することができます。ビタミンB6はにんにくや牛レバー、マグロ類に多く含まれています。ノビレチンは柑橘類の皮に含まれているので、食品でとるのは難しいのですが、シークアーサーに多く含まれている成分ですので、併せて取っていくといいでしょう。

◎美肌のコツはまごわ(は)やさしい

美肌を手に入れるためには、バランスの良い食生活をすることが必要になります。どんな食材を食べると良いのか迷いますが、基本的にはまごわ(は)やさしいというフレーズを覚えておくといいでしょう。

  • ま=豆類(豆腐・お味噌・納豆・豆乳などの「豆」でできているもの)
  • ご=ごま(ゴマに含まれるセサミンが老化現象を食い止める)
  • わ=わかめ(昆布やノリなどの海藻類。ミネラルが新陳代謝を促進)
  • や=野菜(緑黄緑野菜がベスト)
  • さ=魚(カルシウムが含まれている小魚などがベスト)
  • し=しいたけ(キノコ類は食物繊維が豊富で腸内掃除にもいいです。)
  • い=イモ類(サツマイモ、里いも、ジャガイモなどイモ類であればOK)

どの食材もスーパーで簡単に手に入るものですので、まごわ(は)やさしいと覚えておいて買い物に役立ててください。これらの食品は栄養価が高く、食物繊維なども豊富に含まれているので、余計な老廃物なども体内にため込まずに外に出してくれる効果があり、美肌へと導かれていきます。

◎白い肌を保つためには日焼け対策も必要

白い肌をきちんと保つためには、日焼け対策も必要になります。外に出かけるときには、日焼け止めを塗ったり、日傘を指したり、帽子をかぶったりするなどの日焼け対策をきちんと行う必要があります。また、日焼けをするときには目からの紫外線で日に焼けて肌が黒くなることがありますので、サングラスなどもかけるといいでしょう。紫外線による光老化は、肌にシミやたるみをもたらす大きな原因になります。日焼け後の対策は以下のようになります。

保湿をしっかり行う

日焼けの後の肌が乾燥しがちです。潤いを失ったまま放置するとシミやしわの原因になります。そこで、しっかりと保湿を行ってスキンケアやボディケアを行いましょう。保湿ケアをこまめに行うことで、健康的な潤いのある美肌を作ることができます。

水分補給をこまめに行う

日焼け後には皮膚の表面だけでなく、体の内側も乾燥していますので、定期的な水分補給が必要になります。外側からクリームで保湿ケアしただけでは体にとっては不十分ですので、内側からもしっかりと水分補給を行うことで、体全体の潤いをキープするといいでしょう。

ビタミンCをたくさんとる

日焼けの後にはビタミンCの補給が理想的です。なるべく食べ物から摂取するのが理想ですが、難しい場合にはサプリメントなどを併用するといいでしょう。レモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系の果実などもいいですし、オレンジジュースなどのジュース類などでもいいでしょう。日焼けをした場合にはビタミンCをしっかりと体に取り込んであげてください。

陽の光を浴びることは、体にとってもプラスです。日光を浴びることで、ビタミンDが生成されます。このビタミンDは食事から摂取するのが難しい栄養素です。ビタミンDには体の免疫力をアップさせたり、骨を強化させたりする役割があります。また、朝起きたときにはお日様を浴びることで、ストレスを感じることなく、体が自然に目覚めますし、脳内神経伝達物質であるセロトニンの分泌が増えて、憂鬱な感情を取り除いてくれる効果も期待できます。気持ちを落ち着かせるためには朝日を浴びるといいと言われていますので、日中の日差しの強い時間帯は避けるといいですが、陽の光を浴びることは良いことになります。日光浴を行って、体のアフターケアを同時に行うことで、美肌も保たれますし、体への負担が減るだけでなく、アンチエイジングにもつながります。健康的な体をキープすることで、新陳代謝がアップしますので、肌荒れやニキビも減ってくるでしょう。時間直射日光を浴び続けるのはNGですが、陽の光を15分程度毎日浴びるようにすると、心身ともに健康になって美肌にもつながっていきます。

◎日焼け対策も必要ですが、適度に陽の光を浴びよう

美肌を作るためには、日焼けは大敵でもありますが、完全に光をシャットアウトしてしまうと、体にはあまりよくありませんので、程よく光を浴びるようにして、アフターケアをしっかりと行っていきましょう。素肌の外と中から水分の補給を行って乾燥を予防するといいでしょう。最近では飲む日焼け止めなどもありますので、肌を必要以上に焼かないためにも併用するといいかもしれません。美肌を作るためには適切な紫外線対策が必要になるでしょう。紫外線の強い時間帯は日焼け止めをしっかりと塗りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です