美肌の作り方③

 

美肌を作っていくためにはどのようなケアを行うといいのでしょうか。美肌になるためのケア方法などをご紹介していきましょう。

◎自分に合った化粧品を使うこと

ありとあらゆる化粧品があふれている中で、どの化粧品が自分に合っているのかを見つけることはなかなか難しいことではありますが、自分に合った化粧品を選ぶということが大切になってきます。誰かがこれは良かったと言っていたものであっても自分に合うとは限りませんし、いろいろと使ってみることが最良の方法になります。乾燥が気になる場合には、保湿効果の高い化粧品を選ぶのがいいですし、皮脂が気になる場合には皮脂の分泌を抑える成分の入った化粧品を使うなど、自分の肌質に合わせた化粧品を選ぶことが必要になってきます。まず、化粧品を選ぶときには、使い心地の良いものを継続して使っていくといいのではないでしょうか。肌が荒れてしまったりする化粧品は肌に合わないですので、使用を中止しましょう。そうでない場合には、効果が出ているのが実感できない場合もありますので、継続的に使うことも必要になってくるかもしれません。肌を触ってみて、ニキビが奇麗に治ることや、肌につやが生まれているという場合には合っている化粧品ですので、そういった化粧品が見つかるとより美肌に近づいていけるでしょう。

◎プチ断食で肌も奇麗に

毎日食事をとっている場合には、一日~2日にかけてプチ断食を行うことでも体の代謝がアップして、肌の改善にもつながる場合があります。プチ断食を行うと、消化器官などが休むことになり、体の中の不要な物質を外に排出する代謝機能が高まりますので、ダイエットにも効果的ですし、肌にもいいということが言われています。断食の時などには酵素ドリンクや酵素サプリメント、ヨーグルトなどで栄養補給をしつつ、余計なものをため込まないことになります。毎日の食事を通して栄養素を補っていますが、間食や脂っこいものを食べすぎるとどうしても栄養が偏ってしまい、毒素が溜まって肌にも吹き出物ができたりします。そこで、断食を行って、食生活を改めることで、ニキビができたりすることが避けられる場合があります。

◎断食ヨーグルトダイエットで肌も奇麗に

腸内環境を整えて、体内の毒素を出す

胃腸は48時間で空になります。その2日間をヨーグルトと水だけにして、体に溜まった毒素を出すことが断食の目的です。継続的に行う単品系のダイエットは体に必要な筋肉まで落としてリバウンドを招きますが、2日間の断食であれば、内臓脂肪の実を減らして、ダイエットや美肌に必要なビタミン、ミネラル、たんぱく質なども取ることが可能です。断食にヨーグルトを使うのは、腸内環境を整えるためです。腸内の善玉菌を増やすことが必要になります。腸内環境を整えるには、善玉菌と呼ばれる腸内細菌が必要になります。ストレスや加齢などで悪玉菌が優位に偏っている場合には、ヨーグルトの乳酸菌やビフィズス菌が善玉菌優位に変えてくれます。またヨーグルトのたんぱく質やミネラル分によって、栄養もしっかり補給しながら、体内環境を整えてくれます。また、ダイエット中におこなっている水を2L飲むという行為も効果的です。発汗やトイレの回数が増えること体の中の毒素がしっかりと外に排出されますので、水分を補給することは美肌にも効果的です。炭酸水などだと胃腸の状態も良くなりますし、満足感も得られるのでいいでしょう。体を一時的な飢餓状態にすることで、今まで怠けていた体に刺激が加わって、自らよみがえろうとする生命のパワーが生まれます。体内に存在する酵素も消化に使われる酵素が減って代謝酵素が活発に働きますので、体の新陳代謝が活発になり、肌が生まれ変わるサイクルも正常化してくるでしょう。

◎化粧品を使うときには肌の摩擦を避ける

化粧水を肌に付けるときには、コットンでパッティングをしたりふき取ったりしている場合もあるかと思いますが、摩擦や刺激が加わることで、長年使っていると肌が黒ずむ原因になることがあります。手に付けることで、化粧品成分が手にしみ込んでしまうという意見もあるのですが、指先には毛穴がないので、のせた化粧水は顔の方に吸収されやすい構造になっています。化粧品は手に取って顔に優しくこすらないように塗っていくといいでしょう。ふき取り式のメイク落としや化粧水を毎日は使わないようにして、ふき取り化粧水を使うのであれば、月に1回など回数を決めて行いましょう。また、化粧品を顔に塗るために顔を触りすぎるのもあまりよくありません。顔と手の摩擦によって黒ずみができる原因にもなりますので、朝晩のスキンケアは5分以内で行うとより効果的です。オールインワンの化粧水などもありますが、あれは忙しい場合にもぴったりですし、肌への負担を少なくするという意味でも効果的です。ただ、一つ一つライン使いで化粧品を載せていくと、しっかりケアできますので、こすらないようにケアをするのには効果的です。しみやしわはできてから対策用の化粧品を使い始めても完全になくすことはできないので、エイジングケアを行うのであれば、予防的にできる前から行うことが大切です。エイジングケア化粧品の場合には、ビタミンC誘導体やナイアシンなどの低刺激性の成分のものを試して、シミやしわが気になる部分だけでなく、顔全体に塗っていきましょう。

◎ターンオーバーを促進させて美肌を保つ

年齢を重ねてくると肌のターンオーバー期間も長くなります。すると肌に古い角質がたまりがちになって、肌の黒ずみの原因になることや、しみがなかなか消えないということになります。代謝の低下によって、肌のターンオーバーが28日くらいだったものが、30歳頃には40日になることもあります。そこで、たまには角質ケアなどを行って古い角質を落としてやると肌の色がワントーン明るくなることもあります。角質ケアは毎日行ってしまうと未成熟の細胞が肌に並ぶことになりますので、毎日行う必要はありません。週に1回くらいのケアでいいですので、角質ケアを行いましょう。マッサージなどを行って代謝をあげることも必要になってきます。角質のケアは顔がざらつくときにだけでもいいので、定期的に行うとより効果的です。

◎敏感肌の場合には敏感肌用のケアを

敏感肌の場合には、使う化粧品には気を付けつつ、低刺激な化粧品を使うようにするといいでしょう。敏感になっている肌というのは、老化を進める炎症が進行している場合が多いので、敏感になっている状態を放置せずに、肌の炎症を鎮めるケアを優先させることが必要になります。常に敏感な場合には、敏感肌用のケア製品を使うのもいいですし、ストレスなどで一時的に荒れる場合があるときには低刺激性の成分の化粧品を使うことがより効果的です。肌にのせたときに刺激を感じて肌にかゆみや赤みが生じる場合には肌にあっていないことなども考えられますので、その場合には使用を中止するのがいいでしょう。ストレスや肌の一時的なトラブルである場合もありますので、様子を見つつ化粧品を使っていくことが必要です。ビタミンCなど最初は少し刺激を感じることはありますが、しばらくすると肌が慣れてきて、刺激を感じなくなる場合も多いです。ビタミンC誘導体を肌に取り入れることも肌をきれいに保つためにはおすすめの方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です