作者別: wp-owner

美肌の作り方③

 

美肌を作っていくためにはどのようなケアを行うといいのでしょうか。美肌になるためのケア方法などをご紹介していきましょう。

◎自分に合った化粧品を使うこと

ありとあらゆる化粧品があふれている中で、どの化粧品が自分に合っているのかを見つけることはなかなか難しいことではありますが、自分に合った化粧品を選ぶということが大切になってきます。誰かがこれは良かったと言っていたものであっても自分に合うとは限りませんし、いろいろと使ってみることが最良の方法になります。乾燥が気になる場合には、保湿効果の高い化粧品を選ぶのがいいですし、皮脂が気になる場合には皮脂の分泌を抑える成分の入った化粧品を使うなど、自分の肌質に合わせた化粧品を選ぶことが必要になってきます。まず、化粧品を選ぶときには、使い心地の良いものを継続して使っていくといいのではないでしょうか。肌が荒れてしまったりする化粧品は肌に合わないですので、使用を中止しましょう。そうでない場合には、効果が出ているのが実感できない場合もありますので、継続的に使うことも必要になってくるかもしれません。肌を触ってみて、ニキビが奇麗に治ることや、肌につやが生まれているという場合には合っている化粧品ですので、そういった化粧品が見つかるとより美肌に近づいていけるでしょう。

◎プチ断食で肌も奇麗に

毎日食事をとっている場合には、一日~2日にかけてプチ断食を行うことでも体の代謝がアップして、肌の改善にもつながる場合があります。プチ断食を行うと、消化器官などが休むことになり、体の中の不要な物質を外に排出する代謝機能が高まりますので、ダイエットにも効果的ですし、肌にもいいということが言われています。断食の時などには酵素ドリンクや酵素サプリメント、ヨーグルトなどで栄養補給をしつつ、余計なものをため込まないことになります。毎日の食事を通して栄養素を補っていますが、間食や脂っこいものを食べすぎるとどうしても栄養が偏ってしまい、毒素が溜まって肌にも吹き出物ができたりします。そこで、断食を行って、食生活を改めることで、ニキビができたりすることが避けられる場合があります。

◎断食ヨーグルトダイエットで肌も奇麗に

腸内環境を整えて、体内の毒素を出す

胃腸は48時間で空になります。その2日間をヨーグルトと水だけにして、体に溜まった毒素を出すことが断食の目的です。継続的に行う単品系のダイエットは体に必要な筋肉まで落としてリバウンドを招きますが、2日間の断食であれば、内臓脂肪の実を減らして、ダイエットや美肌に必要なビタミン、ミネラル、たんぱく質なども取ることが可能です。断食にヨーグルトを使うのは、腸内環境を整えるためです。腸内の善玉菌を増やすことが必要になります。腸内環境を整えるには、善玉菌と呼ばれる腸内細菌が必要になります。ストレスや加齢などで悪玉菌が優位に偏っている場合には、ヨーグルトの乳酸菌やビフィズス菌が善玉菌優位に変えてくれます。またヨーグルトのたんぱく質やミネラル分によって、栄養もしっかり補給しながら、体内環境を整えてくれます。また、ダイエット中におこなっている水を2L飲むという行為も効果的です。発汗やトイレの回数が増えること体の中の毒素がしっかりと外に排出されますので、水分を補給することは美肌にも効果的です。炭酸水などだと胃腸の状態も良くなりますし、満足感も得られるのでいいでしょう。体を一時的な飢餓状態にすることで、今まで怠けていた体に刺激が加わって、自らよみがえろうとする生命のパワーが生まれます。体内に存在する酵素も消化に使われる酵素が減って代謝酵素が活発に働きますので、体の新陳代謝が活発になり、肌が生まれ変わるサイクルも正常化してくるでしょう。

◎化粧品を使うときには肌の摩擦を避ける

化粧水を肌に付けるときには、コットンでパッティングをしたりふき取ったりしている場合もあるかと思いますが、摩擦や刺激が加わることで、長年使っていると肌が黒ずむ原因になることがあります。手に付けることで、化粧品成分が手にしみ込んでしまうという意見もあるのですが、指先には毛穴がないので、のせた化粧水は顔の方に吸収されやすい構造になっています。化粧品は手に取って顔に優しくこすらないように塗っていくといいでしょう。ふき取り式のメイク落としや化粧水を毎日は使わないようにして、ふき取り化粧水を使うのであれば、月に1回など回数を決めて行いましょう。また、化粧品を顔に塗るために顔を触りすぎるのもあまりよくありません。顔と手の摩擦によって黒ずみができる原因にもなりますので、朝晩のスキンケアは5分以内で行うとより効果的です。オールインワンの化粧水などもありますが、あれは忙しい場合にもぴったりですし、肌への負担を少なくするという意味でも効果的です。ただ、一つ一つライン使いで化粧品を載せていくと、しっかりケアできますので、こすらないようにケアをするのには効果的です。しみやしわはできてから対策用の化粧品を使い始めても完全になくすことはできないので、エイジングケアを行うのであれば、予防的にできる前から行うことが大切です。エイジングケア化粧品の場合には、ビタミンC誘導体やナイアシンなどの低刺激性の成分のものを試して、シミやしわが気になる部分だけでなく、顔全体に塗っていきましょう。

◎ターンオーバーを促進させて美肌を保つ

年齢を重ねてくると肌のターンオーバー期間も長くなります。すると肌に古い角質がたまりがちになって、肌の黒ずみの原因になることや、しみがなかなか消えないということになります。代謝の低下によって、肌のターンオーバーが28日くらいだったものが、30歳頃には40日になることもあります。そこで、たまには角質ケアなどを行って古い角質を落としてやると肌の色がワントーン明るくなることもあります。角質ケアは毎日行ってしまうと未成熟の細胞が肌に並ぶことになりますので、毎日行う必要はありません。週に1回くらいのケアでいいですので、角質ケアを行いましょう。マッサージなどを行って代謝をあげることも必要になってきます。角質のケアは顔がざらつくときにだけでもいいので、定期的に行うとより効果的です。

◎敏感肌の場合には敏感肌用のケアを

敏感肌の場合には、使う化粧品には気を付けつつ、低刺激な化粧品を使うようにするといいでしょう。敏感になっている肌というのは、老化を進める炎症が進行している場合が多いので、敏感になっている状態を放置せずに、肌の炎症を鎮めるケアを優先させることが必要になります。常に敏感な場合には、敏感肌用のケア製品を使うのもいいですし、ストレスなどで一時的に荒れる場合があるときには低刺激性の成分の化粧品を使うことがより効果的です。肌にのせたときに刺激を感じて肌にかゆみや赤みが生じる場合には肌にあっていないことなども考えられますので、その場合には使用を中止するのがいいでしょう。ストレスや肌の一時的なトラブルである場合もありますので、様子を見つつ化粧品を使っていくことが必要です。ビタミンCなど最初は少し刺激を感じることはありますが、しばらくすると肌が慣れてきて、刺激を感じなくなる場合も多いです。ビタミンC誘導体を肌に取り入れることも肌をきれいに保つためにはおすすめの方法です。

美肌の作り方②

美肌を作るためにはその状態によってケア方法などを変えることも必要になります。美肌を作るためのケアについてご紹介していきましょう。

◎乾燥をする場合

保湿成分を含んだ保湿剤(クリーム、ローション)を入浴後や洗顔後に早めに塗布することが大切になってきます。保湿成分には、ヒアルロン酸やコラーゲン、ヘパリン類似物質、コエンザイムQ10などが挙げられます。

これらの成分は保湿能力が高く、コエンザイムQ10などは長期使用によって、肌自体の保湿力が高まることが証明されています。ヘパリン類似物質には「保湿」「血行促進」「抗炎症作用」の効果があり、医薬品のヒルドイドにも含まれていますが、乾燥を抑えるには大変効果のある成分です。保湿剤を塗る場合には、できるだけ入浴後すぐに塗ることがいいでしょう。入浴後10分以降には肌の水分がどんどんと失われてしまうことになります。保湿剤を塗るときには、たっぷりとたくさんつけるようにするといいでしょう。できるのであれば、サランラップを上から張り付けて、保湿剤を肌から逃さないようにすることも効果です。保湿剤の成分が肌にしみ込む前に蒸発してしまうことを避ける効果があります。

◎オイリー肌の場合

乾燥肌もオイリー肌もどちらも遺伝性が高い点では同じなのですが、乾燥の場合は外部からの保湿剤で比較的簡単に乾燥をカバーできますが、オイリー肌になるとあぶらとり紙でとることがメインになります。重度のオイリー肌の場合には、あぶらとり紙でとっても一時間程度ですぐにオイリー肌に戻ってしまいます。オイリー肌になる原因としては、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。男性ホルモンの増加によって皮脂の過剰分泌がおこります。これを抑制する薬剤というものもあり、ジオールなどが挙げられます。また、遺伝の場合もあります。ニキビができるほどではないけれど、常に肌がぬるぬるテカテカしている場合などが挙げられます。そんな場合には、全体的に皮脂を抑えるスキンケアをする必要があります。皮脂を抑える成分を配合してある化粧品を使ってケアを行っていくといいでしょう。成分としては、ノビレチン、ビタミンB2、ボクソク、レッコウトケンなどがあります。また、過剰な洗顔も皮脂を取り去ってしまいますので、顔を潤すために皮脂を余計に分泌させる原因になります。また、乳製品に含まれるIGF-1や日々のストレスなども皮脂の分泌を促進させますので、注意が必要です。洗顔は、一日2回程度が日本皮膚科学会のニキビガイドラインによって目安となっています。

◎テカるのは乾燥が原因のことも

脂性肌の場合や混合肌の場合には、お肌全体がテカったり、Tゾーンなどが部分的にテカるばあいがありますが、これは脂っぽい体質だからというわけではなく、脂浮きの原因は「乾燥」である場合が多いです。お肌が乾燥しすぎると、お肌はその乾燥をどうにかして自力で潤そうとします。肌を潤いすために出てくるのは水分ではなく、脂分です。乾燥している部分に油をどんどんと分泌させて、その脂分で乾燥の埋めようとします。その脂をあぶらとり紙で一生懸命とっても、脂を吸い取られた肌はさらに油を分泌することになります。本来は必要なかった量の脂を余計に出すことになり、「脂浮き」や「テカり」の原因になります。ですので、脂性肌からと言って、あまりに気にしてあぶらとり紙などで過剰に脂質をオフしてしまうと、さらに顔がテカることになりますので、注意が必要です。ケアをする際には、メイクの上から軽くティッシュで押さえる程度にしておきましょう。肌の油分をオフしすぎないことと、洗顔をしてお肌をきれいに洗った後は、乾燥しないように保湿をしっかり行うことで、脂浮きのしないすっきりとした美肌へとつながっていきます。

◎肌に何もつけない肌断食も良い

肌に様々な美容液などを塗るのはいいことなのですが、それに肌が慣れてしまい、あまり効果が見られない場合もあります。そんなときには、肌断食を行うこともいいでしょう。洗顔はぬるま湯か水のみで済ませて、そのあとに化粧品などは一切お肌に入れないようにするというスキンケア方法です。お化粧を落とすときや夜には洗顔フォームや石鹸を使用します。化粧水や美容液を一切お肌に取り入れないことで、お肌が自然と自分の力で潤うようになり、肌が強くなるという方法です。化粧水や美容液の力を借りなくても、お肌が自分で潤いを保てるようになるので、何もしなくてもお肌の水分バランスが取れてきます。その結果、脂性肌で肌がテカテカしていた場合には、脂浮きが少なくなって普通肌に近づいていき、かさかさの乾燥肌だった場合には、お肌が勝手に潤うようになって、自然な肌に近づいていきます。最初は、少しつっぱったりすると思いますので、しんどいときにはワセリンなどを少し縫って保湿するといいでしょう。肌には高いコストをかけてケアするものという考え方がありますが、肌断食を行うと肌そのもののケア力がよみがえってきますので、何もつけないという肌断食も行ってみるといいでしょう。肌は様々な美容成分を得ることで、すこし贅沢になってしまい、本来の力を発揮していない状態になっていると考えられます。肌に何もつけないことで、肌本来の機能が高まるようになり、自力でも理想の肌質に近づいていくでしょう。ただ、この場合もアトピー肌などの場合には、乾燥で悪化することもありますので、その場合にはしっかりとした保湿などを行う必要が出てきます。

◎肌に良い生活習慣とは?

美肌を作るためには、日々の生活習慣も大切です。暴飲暴食や睡眠不足、ストレスなどが積み重なると肌にもよくありません。食べ物は野菜や海藻などの栄養と食物繊維の多いものを選ぶようにし、糖質や脂質が多いものなどはとりすぎないように注意する必要があります。脂っこいものを食べたりすると、体で消化しきれずに、脂っぽくなったりして、ニキビの原因になることもあります。また、適度な運動で汗を流すことも体の新陳代謝を活発にしますので、いいでしょう。肌の新陳代謝が活発になるのは、夜の22時~2時までの間、もしくは、眠ってから3時間程度と言われています。夜もしっかり睡眠時間を取って、肌の生まれ変わるサイクルを正常化することで、健やかな肌を保つことができます。しみやしわなども毎日の新陳代謝によってだんだん薄くなってきますので、特に年を重ねてきた場合には、しっかり睡眠をとることも考えて、お肌のケアをしていくといいでしょう。ストレスによってホルモンバランスが乱れることも考えられます。自分の好きなことをすることや、少し運動をするなどして、体をリラックスさせるといいでしょう。化粧品は普通のものを使っていた場合でも、食べているものや運動、睡眠不足に注意するだけでも肌の状態は変わります。暴飲暴食は一番肌には良くありませんので、お菓子や菓子パンや脂っこいものなどを食べすぎないように注意しましょう。食事はバランスよくとるようにして、栄養素をきちんととって、肌の新陳代謝を活発にするといいでしょう。ビタミンCなどは積極的にとるといいでしょう。洗顔などはしすぎないようにしましょう。皮脂が気になるからと一日に何度も顔を洗うと、余計に顔から皮脂が分泌されて、顔がべたべたしてくる原因になります。顔を洗ったら乾燥に気を付けつつケアを行いましょう。

美肌の作り方

街を歩いている肌がきれいだなと思う人に出会うことがあります。そんな方に共通するのは、色白であること、肌のきめが細かいこと、毛穴がないことなどが挙げられます。美肌という状態は一体どういった状態なのでしょうか。美肌とは読んで字のごとく、美しい肌のことです。

◎美肌の三大要素

色が白い

「色白は七難隠す」と昔から言われていますが、色白であるだけでも、お肌は奇麗に見えますし、美人にみえるうということがあります。テレビなどで多くの女優さんを見ていますが、みなさん色白でお奇麗な方が多いです。もちろん地黒でも美人な方もいますが、色が白い女性というのは、美容にも前向きで、気を使っている人も多く、美しい人が多いというイメージです。また、お肌に透明感があることが大切です。疲れやお手入れをさぼってお肌がくすんでいることや、大きなシミがたくさんある状態は、色白だった場合でも美白とは言えません。元々の肌の色があまり白くなかった場合でも、くすみのない健康なお肌であれば、それだけ透明感があって美しい肌として認められるでしょう。

お肌のきめが細かい

肌がきれいに見える特徴としては、肌のきめが細かくて毛穴などがほとんど目立たない状態をいいます。お肌のきめが整っていることで、毛穴レスな奇麗なお肌を保つことができます。肌のきめが細かく整っていると、お肌がふわふわとムチムチしたお肌になっており、奇麗な素肌に見えます。毛穴の黒ずみなどに悩んでいる場合には毛穴レスな素肌は羨ましいです。

油浮きがほとんどない

奇麗な素肌の人には顔の脂質のバランスが取れている方が多く、油などがほとんど浮いておらず、Tゾーンもてかてかするようなことがないことがあります。食べ物なども関係あると思いますが、日々、脂質をコントロールすることで、油浮きのない奇麗な素肌を目指すことが可能です。

◎美肌を作る栄養素

美肌の定義は、すべすべで乾燥もしておらずオイリーでもない肌を言います。すべすべな肌が乱れてしまうのには、肌にある水分や油分が不足してカサカサになる(乾燥肌)と肌から出る脂質が多すぎてオイリーになる(脂性肌)の場合があります。オイリー肌を抑えるためには、食品からとれる栄養素だとビタミンB2,B6やノビレチンなどがあります。これらの栄養素は皮脂の分泌を調整、抑制してくれるので、オイリー肌の人に対しては、効果を期待できます。ですので、これらの成分を含むサプリメントなどを摂取するといいでしょう。ビタミンB2は、豚レバーや牛レバーなどの動物の肝臓や心臓に多く含まれていますので、それらの食材を取ることで栄養素を摂取することができます。ビタミンB6はにんにくや牛レバー、マグロ類に多く含まれています。ノビレチンは柑橘類の皮に含まれているので、食品でとるのは難しいのですが、シークアーサーに多く含まれている成分ですので、併せて取っていくといいでしょう。

◎美肌のコツはまごわ(は)やさしい

美肌を手に入れるためには、バランスの良い食生活をすることが必要になります。どんな食材を食べると良いのか迷いますが、基本的にはまごわ(は)やさしいというフレーズを覚えておくといいでしょう。

  • ま=豆類(豆腐・お味噌・納豆・豆乳などの「豆」でできているもの)
  • ご=ごま(ゴマに含まれるセサミンが老化現象を食い止める)
  • わ=わかめ(昆布やノリなどの海藻類。ミネラルが新陳代謝を促進)
  • や=野菜(緑黄緑野菜がベスト)
  • さ=魚(カルシウムが含まれている小魚などがベスト)
  • し=しいたけ(キノコ類は食物繊維が豊富で腸内掃除にもいいです。)
  • い=イモ類(サツマイモ、里いも、ジャガイモなどイモ類であればOK)

どの食材もスーパーで簡単に手に入るものですので、まごわ(は)やさしいと覚えておいて買い物に役立ててください。これらの食品は栄養価が高く、食物繊維なども豊富に含まれているので、余計な老廃物なども体内にため込まずに外に出してくれる効果があり、美肌へと導かれていきます。

◎白い肌を保つためには日焼け対策も必要

白い肌をきちんと保つためには、日焼け対策も必要になります。外に出かけるときには、日焼け止めを塗ったり、日傘を指したり、帽子をかぶったりするなどの日焼け対策をきちんと行う必要があります。また、日焼けをするときには目からの紫外線で日に焼けて肌が黒くなることがありますので、サングラスなどもかけるといいでしょう。紫外線による光老化は、肌にシミやたるみをもたらす大きな原因になります。日焼け後の対策は以下のようになります。

保湿をしっかり行う

日焼けの後の肌が乾燥しがちです。潤いを失ったまま放置するとシミやしわの原因になります。そこで、しっかりと保湿を行ってスキンケアやボディケアを行いましょう。保湿ケアをこまめに行うことで、健康的な潤いのある美肌を作ることができます。

水分補給をこまめに行う

日焼け後には皮膚の表面だけでなく、体の内側も乾燥していますので、定期的な水分補給が必要になります。外側からクリームで保湿ケアしただけでは体にとっては不十分ですので、内側からもしっかりと水分補給を行うことで、体全体の潤いをキープするといいでしょう。

ビタミンCをたくさんとる

日焼けの後にはビタミンCの補給が理想的です。なるべく食べ物から摂取するのが理想ですが、難しい場合にはサプリメントなどを併用するといいでしょう。レモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系の果実などもいいですし、オレンジジュースなどのジュース類などでもいいでしょう。日焼けをした場合にはビタミンCをしっかりと体に取り込んであげてください。

陽の光を浴びることは、体にとってもプラスです。日光を浴びることで、ビタミンDが生成されます。このビタミンDは食事から摂取するのが難しい栄養素です。ビタミンDには体の免疫力をアップさせたり、骨を強化させたりする役割があります。また、朝起きたときにはお日様を浴びることで、ストレスを感じることなく、体が自然に目覚めますし、脳内神経伝達物質であるセロトニンの分泌が増えて、憂鬱な感情を取り除いてくれる効果も期待できます。気持ちを落ち着かせるためには朝日を浴びるといいと言われていますので、日中の日差しの強い時間帯は避けるといいですが、陽の光を浴びることは良いことになります。日光浴を行って、体のアフターケアを同時に行うことで、美肌も保たれますし、体への負担が減るだけでなく、アンチエイジングにもつながります。健康的な体をキープすることで、新陳代謝がアップしますので、肌荒れやニキビも減ってくるでしょう。時間直射日光を浴び続けるのはNGですが、陽の光を15分程度毎日浴びるようにすると、心身ともに健康になって美肌にもつながっていきます。

◎日焼け対策も必要ですが、適度に陽の光を浴びよう

美肌を作るためには、日焼けは大敵でもありますが、完全に光をシャットアウトしてしまうと、体にはあまりよくありませんので、程よく光を浴びるようにして、アフターケアをしっかりと行っていきましょう。素肌の外と中から水分の補給を行って乾燥を予防するといいでしょう。最近では飲む日焼け止めなどもありますので、肌を必要以上に焼かないためにも併用するといいかもしれません。美肌を作るためには適切な紫外線対策が必要になるでしょう。紫外線の強い時間帯は日焼け止めをしっかりと塗りましょう。

酵素と美肌

 

酵素とは、私たちの体の中に存在するもので、体の中の活動を支えています。3000種類以上の酵素が私たちの体の中には存在しています。3000種類以上の酵素の中で、食べ物の消化や吸収に関わっている酵素は消化酵素です。消化酵素がきちんと働いていることで、小腸で吸収されやすいように、食べ物をでんぷんはブドウ糖に分解され、たんぱく質はアミノ酸に分解されます。その栄養素が髪や肌にきちんと運ばれることで、髪や肌も健やかな状態を保つことが可能です。この消化酵素は美肌作りにも役に立っています。消化酵素が足りなくなると、余計な栄養素を体にため込むことになり、太る原因になることや、ニキビなどができる原因になります。食べ物を消化するだけでなく、免疫の向上や新陳代謝にも酵素は大きくかかわっています。体内に取り込んだ栄養素を体の細胞に送り届けるために酵素が必要になります。私たちの細胞は、息をしたり、肌の新陳代謝を促進したり、筋肉を動かしたりするときに酵素を必要とします。酵素は一つ一つの細胞に栄養を送り、活動をするのに欠かせない存在です。消化酵素の他にも体を活動させるための代謝酵素という酵素も存在しており、人間の活動に大きな影響を及ぼします。

 

◎体に必要なビタミンを運ぶ酵素

美白、美肌を作るためには、ビタミンCが必要になります。化粧品として肌から取り込むこともできますが、基本的には食事から必要なビタミンCを取り入れることになります。皮膚の粘膜を守るにはビタミンB群が必要です。また乾燥に強い肌を作るためにはビタミンAが不可欠です。アンチエイジングや老化防止にはビタミンEが効果的です。これらのビタミン類は食事から取り入れることができますが、これらの栄養素を体に運ぶためには酵素が必要になります。酵素が足りなくなることで栄養素が体内に運ばれることがなくなりますので、栄養不足の状態に陥って、肌荒れの原因になります。栄養を取るときには酵素も一緒に取れているかということに気を付けつつ、食事を取りましょう。果物や野菜には、ビタミン類も豊富に含まれていますし、酵素もたっぷり含まれていますので、積極的にとりたい成分です。また、酵素は36℃くらいで一番活動します。また、酵素は熱には弱いので、加熱をすると酵素の成分が壊れてしまう性質を持っています。酵素を取り入れるのであれば生野菜や果物などで、酵素を効率的に取り入れることができます。ビタミン類を効率よく体に取り入れるためには、酵素が十分に取れているのかをしっかりと確かめておく必要があります。外食やコンビニの食品などが中心になっていると、酵素が十分に取れていないということも考えられます。

 

◎腸内環境を整えて毒素を外に出す

腸内細菌は酵素を作り出します。食生活が乱れることや、生活習慣が乱れることで、腸内環境が荒れると、体内の酵素量が減りますので、おならやげっぷや便秘などの症状が引き押されやすくなります。便秘が続くと体の中の毒素が外に排出されなくなります。また、便秘が続いて、酵素不足が続くと、血液に不要なものが含まれている状態で体に巡りますので、体に毒素が回って、肌にも吹き出物ができる場合があります。肌を奇麗に保つためにはまずは、腸内環境を整えることがいいでしょう。栄養バランスに気を付けて、腸内環境を整えることで、酵素量は増えますが、腸内環境を整えるためにも外から足りない酵素を補うことが必要になります。体に不調をきたす場合には、腸内環境を整えて、必要な酵素を補って、体の健やかに保つ必要があります。酵素には消化酵素と代謝酵素がありますが、食事の際には食物を分解するために消化酵素が使われます。暴飲暴食を行うと、消化酵素に多量の酵素が使われることで、代謝酵素が足りなくなって、体の不要なものを外に排出するための酵素が足りなくなり、体に老廃物がたまって、肌荒れが起きる原因になります。そこで、酵素を補うことで、体の代謝に使われる酵素が増えることで、体の不要な毒素を代謝してくれることになり、肌も奇麗になっていきます。

 

◎酵素は免疫力アップにも効果的

年を取ると免疫力が低下しますが、免疫力のピークは20代となっており、40代では、20代のおよそ半分になると言われています。免疫力が落ちてしまうのには、体内の酵素の不足も原因のひとつです。酵素を取り入れることで、体内の免疫力をアップできます。酵素にはたくさんの種類があり、ドロドロの血液をサラサラにしてくれる効果あるものや、細胞の酸化を減らす抗酸化作用を持ったものもあります。血流が良くなると、目の下のクマなども改善され、顔色もよく見えます。マッサージすることなども効果的ですが、酵素を取り入れることで、体の内面から奇麗にしていくこともいいでしょう。体の内部の酵素を自力で作り出すのには、20代を過ぎてくるとだんだんと難しくなってきます。体内の酵素を無駄遣いしないためには、消化酵素を節約するとともに、外部からも積極的に酵素を取り入れることで、40代以降も体内の酵素量を一定に保つことも可能です。40代に近づいてきたら、暴飲暴食には気を付けて、脂っこいものやお菓子などの体内の酵素を消費するような食生活は避けて、野菜や果物などの酵素を多く含んだ食品を積極的にとるといいでしょう。消化酵素を節約することで、代謝酵素がより使われることになりますので、体の毒素や不要な脂肪や糖質なども体の外に排出されていき、お肌も健やかになっていくでしょう。免疫力がアップすることで、風邪もひきにくくなりますし、体を動かすこともおっくうでなくなりますので、健康的な生活をすることでき、健やかに毎日を過ごせるでしょう。

 

◎美肌にも効果的な酵素

酵素を積極的にとることで、便秘などが解消され、血液中の毒素が少なくなれば、アンチエイジングの効果もあります。大人ニキビなどの吹き出物は体内の毒素などが原因で発生する場合も多いですので、体の中の要らないものをしっかりと排泄できるような体になることで、美肌も保たれます。奇麗な血液が、全身にいきわたることで、体中のトラブルを避けることが可能です。酵素をしっかりととることで、代謝や免疫が上がることで元気になり、体の余計なものをため込みにくい体質になりますので、美肌やアンチエイジングにも大きな効果があるでしょう。しっかりと栄養分を補給し消化酵素で消化が行われることで、肌の新陳代謝も活性化し、正常な状態になりますので、美肌にも効果的です。酵素不足になり、消化酵素が少なくなると、消化しきれなかった糖質や脂質などが体にため込まれます。肌にも毒素が回るようになって、ニキビや吹き出物として現れます。お菓子や菓子パンなどを食べたり、脂っこい食事をとったりすると消化酵素を多く使うようになりますので、体内でより多くの酵素を必要とするようになります。酵素をうまく取り入れると、消化がスムーズに行われて、老廃物の排出が上手く行われるようになりますので、肌の調子も良くなるでしょう。

 

◎まとめ

このように、体内の酵素がしっかりと働くことで、栄養素が十分に体に取り込まれます。また、代謝酵素の働きによって、肌の新陳代謝がスムーズに行われるようになることでシミやしわが改善され、美肌へと近づいていくことができます。酵素をしっかり補って、肌の調子をキープしていきましょう。

おすすめサプリメントはこれ!

こうじ酵素です!

酵素がた~っぷり入ったサプリメント!

こうじ酵素の悪い口コミ、ダイエット効果、危険な副作用と楽天や市販の販売店、解約の情報まとめ!